投資知識ゼロからの5万円株式投資

投資知識ゼロからの5万円株式投資

投資知識ゼロ人間がブログ広告収入の力を借りながらコツコツ頑張る雑記ブログです。

【4,000円以下】Amazonがセール中だったので令和最新な人間工学に基づく電撃を放たない中華製イヤホンを買ってみた【続編】

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

f:id:sucasamicasa:20200731235857j:plain

皆様こんにちは。

 

前回Amazonタイムセール祭りで購入したサウンドピーツ(SoundPeats)製のBluetooth ワイヤレスイヤホン、TRUESHIFT2についてレビューいたしました。

 

 前回のレビューはこちら (Trueshift2)

5manyendekabu.hateblo.jp

 

前々回のレビュー(TruengineとTrueCapsule)
5manyendekabu.hateblo.jp

 

同時購入したTRUEFREE+について今回レビューを書きたいと思います。

 

 

 

お値段

 

繰り返しになりますが

 

TRUESHIFT2は3,984円!

 

 

TRUEFREE+は3,184円 !

 

 

どちらもセール価格で4,000円を切る値段です!単品購入であれば躊躇いなく買える価格帯だと思います。

 

完全ワイヤレス式(TWS)のカテゴリーに於いては本機はサウンドピーツの中ではエントリーモデルとして位置付けている?感じで、長きにわたって改良版がリリースされ続けている信頼性の高いモデルになります。

 

ベーシックな機能とお値段になっており、技術の進歩かはたまた企業努力の賜物と言えると思います。

 

とはいえハイエンド機でも1万円以下で買えるため高額!というわけでもなく価格差があまりないメーカーなので、いきなりハイエンド機を買うのも有りかもしれません。

 

 

 

開封の儀

 

 f:id:sucasamicasa:20200731233803j:plain

f:id:sucasamicasa:20200731233851j:plain



 まるで開き直ったかのようにBOSEをパクったようなデザインにグレーゾーンを感じますが、見た目はスタイリッシュで好印象です。


f:id:sucasamicasa:20200731232637j:plain

 

入っていたもの

f:id:sucasamicasa:20200731233436j:plain

説明書類とケーブル、イヤーピースが入ってました。

 

 

TRUESHIFT2と同様に当たりカード的なのも入っていました。

f:id:sucasamicasa:20200728233444j:plain

 

イヤホンを納める充電ケースもコンパクトで持ち運びが楽そうです。

 

左がTRUESHIFT2、右が本機であるTRUEFREE+。TRUEFREEが小さい分TRUESHIFT2のデカさが際立ちます。

f:id:sucasamicasa:20200731232748j:plain

 

イヤホン自体も厚みは有りますが豆粒のように丸みを帯びており小さくまとまっています。 

f:id:sucasamicasa:20200731232944j:plain

 

女性でも違和感がない小ぶりなフォルム

 

 

本体は小ぶりなので、女性が装着しても目立たない感じ、、、だと思って再びイヤホンは音が聞こえれば何でもいいと興味がない嫁さんに装着してもらいました。

 

f:id:sucasamicasa:20200731233144j:plain

 

つけ方がおかしいですが。。

 

ペアリングは相変わらず簡単

 f:id:sucasamicasa:20200731234244j:plain

スマホ本体のBluetoothの接続をオンにし、ケースからイヤホンを取り出すとペアリングを開始します。スマホにイヤホンの機種名が出てくるのでクリックするとペアリング完了です。以後ケースからイヤホンを取り出すだけで自動ペアリングができるようになります(スマホBluetoothはオンにしていることが前提)

 

気になるサウンド

TRUESHIFTと特段差はないように感じます。しばらく聞き比べてみるとボーカルの声をしっかり拾ってる印象がTRUEFREE+はあります。ドンシャリ感はないですが、全音域音の粒が出ていてバランスが良く音抜けははっきりしています。これで4000円以下は驚きです。

 

音切れはないか

 

今までサウンドピーツのワイヤレスイヤホンを4種類買いましたが、電池切れが近いと一瞬途切れたりすることは有りましたが、本機に関していえば音切れは有りませんでした。ストレスなく聴けるのではないでしょうか。

 

 

操作感は

 

イヤホンについているマルチボタンを押すことで音量の調整や、電話を取ってハンズフリー通話ができますが、ワイヤレスイヤホンはどれも同じような操作感だと思います。

 

TRUESHIFT2と同様にボタン操作が直感的に行えるようにシンプルな設定になっている為、最初に覚えれば特に苦も無く使えそうです。通話もクリアだったので、スマホをカバンに閉まっておいても電話の受電、通話、切電の一連の流れをマルチボタンで行えるのでどんどん活用できそうです。

   

メリット

 

 

ワイヤレスイヤホンのパイオニア!信頼と実績のメーカーである事

 

前回の記事でも書きましたが、この市場に早くに参入しており、特に本機はマイナーチェンジを繰り返している機種になるので信頼性は抜群だと思います。不具合に関しても、1年間保証もついており、対応もスピーディーとのレビューの記載もあるので、お手頃価格も相まってワイヤレスイヤホンの入門機やサブ機として重宝できそうです。

 

ケースも本体も小さいく邪魔になりにくい

 

f:id:sucasamicasa:20200731234413j:plain

f:id:sucasamicasa:20200731234455j:plain

上がTRUESHIFT2で下が本機

 

ケースがコンパクトだとかさ張らないですし、本体も4.7gと軽く丸みを帯びたフォルムは性別問わずマッチすると思います。

 

デメリット

 

紛失しそう

 ケースもそうですが、イヤホンは小さく丸みを帯びているので紛失&落下には注意すべきかと思います。

 

連続再生時間は短め

 

イヤホン単体で4時間なので、近年のワイヤレスイヤホンのスペックとしては気持ち物足りないかなーといった印象です。

 

ケースで充電(最大35時間稼働)すればよいのですが、その間使用はできないので、例えば短時間の運動(ランニング)に活用したい、通勤通学の時間だけに使いたい、メインのイヤホンの充電中のサブ機に使いたい等用途がはっきりしている方は再生時間は問題無いかと思います。

 

防水性能は一般的なIPX4

 

TREUSHIFT2に関していえば、防水性能はIPX7に対応しており高い防水性を備えておりますが、TRUEFREE+に関してはIPX4、【水の飛まつに対して保護できる】レベルの防水性なので水滴に対するケアは行った方が良いと思います。より高い防水性が希望であれば、TRUESHIFT2がオススメかと思います。

 

ボタンの誤操作が起きる

 

小さいが故にイヤホンに付属のマルチボタンを誤って押してしまう事が度々ありました。イヤホンを装着中に触る際には注意が必要かと思います。

 

 

TRUEFREE+は結局買いなのか?

 

 

ワイヤレスイヤホン市場のパイオニアメーカーで有る事を踏まえて、ワイヤレスイヤホン初心者やサブ機を探している方にはお勧めしたい機種です。

 

一方でワイヤレスイヤホンに慣れている方にしたら少しスペック的に物足りないかな、という印象です。ブログ主的には同メーカーのTruengineのサウンドの方が音の表現領域が広く、ドンシャリ系の音が好みなので、選ぶなら少し金額を足してTruengineシリーズを買うと思います。

 

 

ワイヤレスイヤホンは成長過渡期。消耗品の域を出ない 

 

ワイヤレスイヤホンはまだまだ伸びしろがある分野です。今はまだ消耗品の位置づけなので、2万3万のワイヤレスイヤホンをいきなり買うより、信頼と実績のあるリーズナブルな価格の本機でワイヤレスイヤホンデビューして便利さ快適さを体験するのは有りだと思います。

 

TRUEFREE+は値段機能、サウンド、トータルで見てコストパフォーマンスの高い製品だと思います。

  

 

 

 

 

 

 

イモトのWiFi